Sonomama - A Gift From Mother Earth
京都からすま和田クリニック
和田 洋巳先生 書籍のご紹介

『何年、何十年と続けてきた食生活が私たちのからだをつくり、時には病気の原因にもなります。豊かで食
に困らず、そして医療の発達した時代だからこそ、見落としがちなのは普段の食の重要性です。私たち人間
にとって、適切な食生活とはどのようなものなのか。和田屋では、「本当の意味でからだが喜ぶこと、健康
なからだをつくること」そのような手助けをすることを目標としています。』
~和田屋のコンセプトより~

“病も健康も、その源は「食」にある”と仰る和田先生。

健やかな毎日を過ごすために重要なのが日々の食事です。
強いカラダ作りに欠かすことの出来ない栄養素の正しい摂り方をレシピ付きでご紹介。
正しい食材や調味料の選び方。そして、食事からだけでは摂りきれない栄養素を手軽に補う方法も、
“お助けアイテム”としてご紹介。「和田先生の一日」もご紹介下さっています。
「健康長寿」を目指す方必見!明日から実践出来る内容が満載の2冊をご紹介いたします。

※書中で「ソノママ+ミネラル」もご紹介いただきました

<著者ご紹介>
和田先生

和田洋巳(わだ・ひろみ)先生

1943年 大阪府生まれ。

医学博士。京都大学名誉教授。京都大学医学部卒業後、京都大学胸部疾患研究所、京都大学再生医科学研究所を経て、京都大学大学院医学研究科器官外科 (呼吸器外科) 教授。2007年、京都大学を退官。

2011年に「からすま和田クリニック」を開設し、現在同院長。

著書に『 がんとエントロピー「からだ力」で立ちむかう』(NTT 出版)、『がんに負けないからだをつくる』(春秋社)、『がんに負けないからだをつくる和田屋のごはん』『がんに負けないこころとからだのつくりかた』『がんとは何か?その本質はNHE1だ!
』『改訂がんとエントロピー「体質改善」で立ちむかう』(以上 WIKOM 研究所)など。

<書籍ご紹介>
がんを生き抜く最強ごはん

『がんを生き抜く最強ごはん』

著者:和田 洋巳

発行:毎日新聞出版社

からすま和田クリニック院長、和田医師が実施の臨床現場での様々な経験や事象を伝えた記事が、週刊誌『サンデー毎日』で2018年4月~7月に6回、8月~11月に13回の計19 回連載されました。

その内容をより詳しくまとめたものを、1冊の本として出版。がんの予防や抑制のほか、生活習慣病の予防や改善のための秘訣も満載です。がんに負けないための食習慣を築くすべが、この一冊でわかります。毎日の健康維持のため、すぐにでも作ってみたくなる和田屋の美味しいレシピも多数掲載。何度も読み返したくなる一冊です。

購入する

『~がんに負けないからだをつくる~ 和田屋のごはん』

著者:和田 洋巳, 長谷川 充子, 樫 幸

発行:WIKOM研究所

がんにならないように、がんに嫌われる食生活を送る為に必要な食事の在り方とその作り方を教えてくれる一冊です。からすま和田クリニックが実践する、「食」を、和田屋のごはんとしてまとめたレシピが満載。

「優しい気持ちで作る和田屋のごはん」。

すぐにでも作ってみたいと思わせてくれる、美味しくて、カラダに優しいレシピを写真付きでご紹介。“よし、今日は何を作ろう!”と、食べることが楽しくなる、いつもそばに置いておきたい一冊です。

がんに負けないからだをつくる 和田屋のごはん